BLOG

2022.04.08業務用エアコン運用ノウハウ

雨の日でも窓を開けて換気してもいいの?湿気対策をしながら換気する方法を解説

雨の日でも窓を開けて換気してもいいの?湿気対策をしながら換気する方法を解説

季節を問わず室内の空気を清潔に保つためには、換気が必要不可欠です。

しかし、梅雨時期をはじめとした雨の場合、どのように換気をすればよいのか、そもそも窓を開けてよいのかと悩むところではないでしょうか。

この記事では湿気対策をしながら効果的に換気する方法を解説していきます。

雨の日に窓を開けて換気をすると湿度が上がってしまうのか

雨の日に窓を開けて換気をすると湿度が上がってしまうのか

湿度とは空気中の水分の割合を指します。そのため雨の日の方が晴れた日より湿度が高いです。

窓を閉め切っている場合、湿気の逃げ場がなくなり、湿度が高まります。

雨が激しく窓を開けると室内に雨が入ってきてしまう、といったことでなければ窓を開けての換気をおすすめします。

 

閉め切った室内の湿度が上がってしまう理由

閉め切った室内の湿度が高くなりやすい理由は、現代の家屋や建物は気密性が高いからです。

建物の構造上、一度室内に入った湿気が外に逃げにくくなっています。

窓を閉め切っていると、室内の湿気を逃がせないので、湿度はどんどんと高くなります。

 

湿度が高いとカビやダニが発生してしまう

室内の湿度が高くなることで注意したいことはカビやダニの発生です。

カビやダニが発生する条件は、湿度が70%以上で室温が20〜40℃、ホコリやチリといったエサがある、そして空気が滞留しているといった3つの条件がそろったときです。

換気を行うと室内と外の空気が入れ替わり、空気の流れが生まれますので、それだけでカビやダニの発生を防ぐことができます。

参考サイト:カビとダニによるアレルギー。その原因が空気中に漂っている!? | 空気のマメ知識 | DAIKINストリーマ研究所 | ダイキン工業株式会社

 

雨の日に効果的な換気方法とは

雨の日に効果的な換気方法とは

たとえ雨の日であっても、換気を行うことでカビやダニを防げますし、湿度を下げることもできます。

ここからは窓を開けて換気をする場合や、雨が強くて窓が開けられないといった場合の効果的な換気方法について紹介していきます。

 

対角線となる窓を2箇所開ける換気方法

対角線上にある窓を開けることで外からの空気を取り入れながら、室内の空気を外に逃がすという2つのことが同時にできるようになり、換気効率が上がります。

風が弱く、空気の流れを作りにくいときは、外気を取り入れる入口側は狭く、室内の空気を逃がす出口側の窓は広く開けると、しっかりと換気できます。

エアコンを使用する場合、できることなら窓は開けたままが望ましいですが、1時間に10分ほど時間を決めてこまめに換気するとよいでしょう。

参考サイト:換気は窓の開け方が重要!窓の数別に効率のよい方法を紹介 | 暮らし | オリーブオイルをひとまわし

 

サーキュレーター(扇風機)を利用した換気方法

開けられる窓が1つしかない場合は、室内の汚れた空気を外に逃がすことが優先です。

窓に対して扇風機やサーキュレータ―を向けるのがおすすめです。

すると室内の空気強制的に外に逃がすことができます。もちろんこの方法は窓を2つ開けられる場合でも効果的です。

 

換気扇を利用した換気方法

室内の汚れた空気を逃がす点においては、換気扇も非常に有効です。換気扇は湯気や煙を外に逃がすという役割があるため換気能力は強いです。

換気を行う際は、ぜひ換気扇も使用してください。

 

室内に雨が入ってくる場合での窓開け換気はNG

室内に雨が入ってくる場合での窓開け換気はNG

雨の日も換気は必要ですが、雨が室内に入ってくるような激しい雨天のときは、窓開け換気をおすすめしません。

で濡れた箇所からは湿気が発生します。放置しておくと壁紙や床にカビが生える原因になりますので、窓を開けた際にもし雨で濡れてしまった場合はタオルで拭き取るなどをして水気を取ってください。

雨が激しいときは、窓を開けず、換気扇を使って換気をするようにしてください。

まとめ

雨の日であっても湿気対策のためには窓を開けての換気が望ましいでしょう。

窓を開けて換気ができない雨天でも効率的に換気ができる高機能換気設備設備をReAirで販売しております。

製品についてのご相談、お見積もりはお気軽にお問い合わせください。

お見積もり・ご相談はこちら

高機能換気設備と通常の換気設備との違いを解説

夏場は換気したくない?店内の温度を上げずに換気する方法

換気問題は「高機能換気設備」で解決

換気でお悩みの方へ~高機能換気設備のご案内~ 

お見積もり・ご相談はこちら