BLOG

2021.06.14業務用エアコン運用ノウハウ

業務用エアコンが故障しやすい時期は夏!夏前にやっておきたいトラブル防止策とは

業務用エアコンが故障しやすい時期は夏!夏前にやっておきたいトラブル防止策とは

梅雨が明けると本格的な夏が来ます。近年では真夏日と呼ばれる暑い日がほとんどである日本のオフィスや店舗において、エアコンは必須の存在です。

この記事では、夏にエアコンにしっかりと活躍してもらうために、夏前からやっておきたいトラブル防止策を紹介します。いざ夏になってエアコンのスイッチを入れたら壊れていたなんてことがないように、ぜひ事前のチェックを行ってくださいね。

夏場にエアコンが故障しやすいのはなぜ?

夏場にエアコンが故障しやすいのはなぜ?

夏になるとエアコンが壊れやすくなるのは、夏前と比べてエアコンがフル稼働になるからです。使用時間ものびますし、設定温度も外気温と比べ低くなっています。

エアコンは設定温度に達するまでに多くの電力を使用するため、外気と室温の差が大きくなる夏は夏前と比べると消費電力が大きくなりがちです。

消費電力が大きくなれば電気代だけでなく、エアコンにかかる負荷も大きくなるわけですので、そのぶん壊れやすくなります。

実は室外機の設置場所は大きく影響する!

エアコンを故障させないためには、エアコンに大きな負担をかけないことが大事です。見落としがちですが、室外機に大きな負担がかかってしまい故障につながることがあります。

室外機は背面(壁側)から空気を吸い込み、熱交換器を通して正面から空気を排出するのが役割です。夏の場合は室外機から暖かい空気を排出することで室内の熱を逃がしています。

ところが室外機の周りに物があると熱が溜まりやすくなり、熱い空気が室外機の周りに残ってしまいます。

熱い空気が室外機の周りにたまると、室外機は排出したばかりの熱い空気を再び背面から吸い込んでしまいます。

これがエアコンの負荷となり、冷却能力の低下や故障につながるのです。

室外機が原因での故障を防ぐためには、室外機の設置場所に注意しましょう。周りに物や壁がない場所というだけでなく、直射日光が当たりにくく、風通しのよい場所に設置できるのがベストです。

夏前にやっておきたいトラブル防止策

夏前にやっておきたいトラブル防止策

室外機の設置場所を整えること以外にも、故障や不調を避けるために夏が本番になる前にやっておきたいことがあります。

エアコンのクリーニング

エアコンの効きが悪い、異音や異臭がするといったトラブルの原因の多くはエアコンに内にたまったほこりやカビです。フィルターであれば家庭用エアコンと同様に自分でも取り外して掃除できますが、エアコンの内部となると専門的な知識がなければ不可能です。

最低でも2年に1度は業者に依頼して、エアコンのクリーニングをオススメします。

本格的な夏の前に試運転を

本格的に暑くなる前にぜひ行っていただきたいのが、夏を想定した試運転です。試運転をすることで、エアコンがきちんと効くか、異音や異臭はしないかの確認をします。

夏はエアコンが壊れやすい時期ですので、エアコンを修理する業者の繁忙期です。そのため、仮に夏本番になってエアコンを本格稼働させたときに故障や不調が発覚しても、すぐに修理してもらえないことが想定されます。

また、繁忙期であることを理由に出張費や作業費が高くなっている場合もありますので注意が必要です。

夏前に行っていただきたい試運転は「設定温度を最も低くして40分運転」です。夏を想定した試運転ですので、もちろん冷房モードで行うようにしてください。

試運転を行う時期は、少し暑くなってくる5月ごろがおすすめです。冷房モードで最低温度に設定し、40分間運転してください。

試運転を始めて10分経ったら、エアコンから冷風が出てきちんとエアコンが効いているかの確認と、エラーコードは表示されていないかを確認してください。

問題がなければさらに30分運転させ続け、再度エラーコードのチェックと、室内機から水がこぼれていないかを確認してください。

エラーコードはもちろんですが、室内機から水が出ることもエアコンに不具合が出ているサインです。何らかの症状があるならメーカーサイトや取り扱い説明書を見て、エラーコードの内容確認やメーカーが記載している対応策を実施してください。

不具合が直りそうになければメーカーや業者に依頼して修理してもらうことを確認しましょう。

不具合が出ていることは残念ですが、早めに試運転したおかげで混雑しない時期に迅速に修理でき、最悪の事態は避けられたとポジティブに考えてください。

お見積もり・ご相談はこちら

最後に・・・

最後に・・・

家庭用エアコンに比べて耐久性に優れる業務用エアコンであっても、過酷な使用環境にあれば壊れやすくなります。

たとえば部屋の使用環境とエアコンの出力(馬力)が合致していないと、エアコンは常にフル稼働し、壊れやすいです。業務用エアコンの出力は、〇畳用という広さで区分はされておらず、馬力で表されます。

これは業務用という性質状、部屋の使用用途がまったく異なるからです。たとえば同じ広さであってもオフィスと飲食店であれば、調理の熱が発生する飲食店の方が馬力の大きなエアコンを設置する必要があります。

使用用途を無視して馬力の小さな業務用エアコンを設置すると、負荷が大きくなる夏になると毎年壊れてしまうといったことになりかねません。

たとえば、もともとはオフィスだったところをリノベーションして飲食店にしたのであれば、既存のエアコンがあったとしてもオフィスに合わせた馬力である可能性が高いです。

ひんぱんにエアコンに不具合が出るようであれば、馬力の見直しのための買い替えも視野に入れた対応を考えてみることをおすすめします。

お見積もり・ご相談はこちら

まとめ

夏になると負荷が大きくなりエアコンが壊れやすくなります。しかし、事前に試運転やクリーニングをしておくことで夏本番にエアコンが故障してしまうリスクを大幅に減らせます。

定期的なメンテナンスは、エアコンを長持ちさせることにもつながるので、ぜひクリーニング&業者でのメンテナンスをオススメします。

風量、温度をうまくコントロールして業務用エアコンの消費電力を抑える方法

業務用エアコンでよく見る”馬力”とは?馬力について徹底解説!

光熱費が高い!?業務用エアコンの電気代が高くなる原因を徹底解説!

業務用エアコンの1馬力は何畳まで対応できるの?お部屋の広さに合わせて馬力を選ぼう!

お見積もり・ご相談はこちら