BLOG

2021.05.01業務用エアコン導入ノウハウ

人が多く集まる学校は特に気をつけたい!高機能換気設備を導入して良質な空気環境を保とう!

人が多く集まる学校は特に気をつけたい!高機能換気設備を導入して良質な空気環境を保とう!

とどまることを知らない新型コロナウイルスの感染拡大や、度重なる緊急事態宣言の影響で、室内の空気に関する注目度が高くなっています。この記事では、学校という空間における換気の重要性や、効率的に換気を行うための設備について解説しています。導入にあたっての補助金制度についても触れていますので、ぜひ参考にしてください。

学校は一つの教室に数十人が集まり、人との距離も近い

学校は一つの教室に数十人が集まり、人との距離も近い

クラス編成によっても異なるでしょうが、基本的にひとクラスの人数は40人程度です。机同士には一定の距離があるものの、ソーシャルディスタンスを保つのは難しいでしょう。

人数の多い教室は、それだけ密閉・密集・密接の3密のうち、密集かつ密接の状況になりやすい場所ということになります。とは言っても、学校は共同生活を行う場です。教室単位、班単位、部活単位など、さまざまなグループを形成して1日を過ごしていく場所です。

教室の広さや数も、ひとクラスあたりの人数も急には変えられません。つまり、現状では手指のこまめな消毒や、換気といったできる限りのことをするしかないのです。

学校における感染拡大を防ぐためには、換気設備を導入することが望ましいです。機械を利用して換気が行えれば、少なくとも3密のうち「密閉」は防げますし、常に空気が綺麗な状態になるので新型コロナウイルス対策としてだけでなくインフルエンザや風邪の伝染対策にもなります。

教室毎に高機能換気設備を導入すると

教室毎に高機能換気設備を導入すると

換気とは、室内の汚れた空気を外に逃がす排気と、外の新鮮な空気を部屋に取り込む給気の2つを合わせたものです。換気を行う機械には排気だけ行うものや給気だけ行うものもありますが、高機能換気設備は給気と排気の両方を1台の機械で行うものになります。

機械を使って換気を行うことにはさまざまなメリットがあります。

学校が高機能換気設備を導入した際のメリット①

機械を使って換気を行うことのメリットとしては、まず効率よく空気を循環させられることが挙げられます。教室のドアや窓を開放するよりも、素早く全体の空気が入れ換えられます。機械で換気を行うので窓やドアを開ける必要はなくなります。

学校におけるシーンでいえば、音楽の授業中や合唱の練習中など大きな音が出る場合だけでなく、テスト中のような集中したいときでも窓を閉めたままにできることは大きなメリットと言えるでしょう。

学校が高機能換気設備を導入した際のメリット②

さらに注目したいメリットとしては、室内の温度を保ったまま換気ができるというものがあります。高機能換気設備は、1台で給気と排気を行えるという点ではなく、室温を変化させずに換気できるという点で「高機能」とされています。

これは高機能換気設備に搭載されている熱交換システムの働きによるものです。通常の換気の場合、空調で適温になった空気を外に出し外気を取り入れるという性質状、夏は冷たい室内の空気が外に、熱い外気が室内に入ってきますし、冬は暖まった空気が外に、冷たい空気が室内に入ってきます。

つまり換気を行うことで空調効率を下げることになり、結果として光熱費の高騰を招いてしまうということです。

光熱費は毎月かかる固定費としてはとても大きな割合を占めるもの。教室における換気は生徒や教師の健康のために重要なものですが、かといって光熱費が上がってしまうことを無視することもできないでしょう。

高機能換気設備であれば、空調効率を下げることなく換気ができるので光熱費を抑えられます。

高機能換気設備の導入には補助金制度がある

高機能換気設備の導入には「大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業」という補助金制度が設けられています。もちろん学校も対象です。

高機能換気設備とともに空調設備も導入した場合のみ、空調設備に関しても補助されます。近年の温暖化により、熱中症対策も重要になっています。この補助金は空調設置に対する支援策とも言えるでしょう。

補助金の対象となる経費は換気設備と空調設備それぞれ最大で1,000万円まで、補助率は1/2となっています。「高機能換気設備」と「空調設備」の合計金額ではなく、それぞれ1,000万円までが対象経費として計算されます。たとえば3,000万円かけて換気設備のみを導入した場合は、経費として計上できるのは1,000万円までとなり、それに補助率の1/2をかけた500万円がこの場合の補助金額となります。

また、換気設備を500万円、空調設備を500万円かけて導入した場合、補助対象経費は1,000万円(500万円+500万円)です。それに補助率の1/2をかけた500万円が受け取れる補助金となります。

また、この補助金は「高機能換気設備」をメインとしたものなので、空調設備に対する補助経費は最大で換気設備と同額となっています。空調設備の方が換気設備より高額になっても、換気設備と同じ金額までしか補助されないので注意してください。高機能換気設備と同時の導入でないと空調設備には補助金が出ないこととあわせて覚えておきましょう。補助金は設備費用だけでなく設置費用も対象となっています。

まとめ

学校のようにたくさんの人が集まるところでは、3密を回避するために重点的に換気を行うことが重要になります。高機能換気設備を導入すれば、効率的に換気ができるだけでなく、換気をしながらも光熱費の節約ができます。

学校に通う生徒や教師の健康のために、高機能換気設備はきっと活躍してくれるでしょう。近い将来、新型コロナウイルスの感染拡大が終息しても、インフルエンザや風邪、シックハウス症候群などの対策として換気の重要性は変わりません。

お得な補助金を利用して、ぜひ導入を検討してみてください。補助金の詳しい申請方法などは、以下のリンクにある、この補助金事業を主宰している「一般社団法人 静岡県環境資源協会」の該当ページをご覧ください。

補助率は年によってばらつきがありますが、この補助金自体は定期的に実施されているものですので、公募期間後も新たな公募があると予想されます。

「一般社団法人 静岡県環境資源協会」
http://www.siz-kankyou.jp/2020hoseico2-2_kanki.html

お見積もり・ご相談はこちら