BLOG

2021.11.05業務用エアコン導入ノウハウ

省エネの業務用エアコンは何があるの?

省エネの業務用エアコンは何があるの?

業務用エアコンを導入する際に気になるのはやはり電気代ではないでしょうか。

業務用エアコンの省エネ性能は年々進化しています。

この記事では業務用エアコン選びのポイントを省エネの視点からご紹介していきます。

業務用エアコンの省エネ基準とは

業務用エアコンの省エネ基準とは

業務用エアコンを選ぶ際には、参考になる「COP値」と「APF値」というものがあります。

COP値とは

COP値は、一定の温度条件でエアコンを運転した際の効率を表す数値で、電力1kWを使ってどれだけの効果を得られるかという指標です。

COP値は「定格能力(kw÷定格消費電力(kw」で求められます。

定格能力とはJIS規格に基づいた温度条件で機器を連続運転した場合に安定して出すことができる能力のことを指し、定格消費電力とは定格能力で運転したときの消費電力です。

冷房と暖房では数値が異なり、それぞれ「冷房COP」、「暖房COP」と呼ばれています。

COP値は数値が大きいほど省エネ性能が高いです。たとえばCOP値が3の場合、その製品は消費する電力量に対して3倍の能力を発揮していることになります。

COP値は一定の条件下における効率を表す数値であり、季節や温度の変化を加味したものではありません。

COP値に代わり実際の仕様状況に近い状態での省エネ性能を測定したものがAPF値です。

APF値とは

APF値は特定の条件下で1年間エアコンを運転した場合の効率を表す数値です。

COP値と同様に数値が大きいほど省エネ性能が高いです。

APF値は「1年に必要な冷暖房能力(kWh)÷機種毎の年間消費電力量(kWh)」で求めることができます。

AFP値 算出計算例
引用元:通年エネルギー消費効率(APF)「算出計算例」

 

年間を通してより実使用に基づいた運転効率を表す値のため、COP値よりも実態に合った指標となります。

2006年の法改正によりCOP値に代わって省エネの基準値として使用されています。

APF値は2015年にAPF(2006)からAPF(2015)に見直され、省エネルギー法の基準値を超えると省エネ機種になるというわけです。

省エネの業務用エアコンにするメリット

省エネの業務用エアコンにするメリット

オフィスや店舗に設置する業務用エアコンを省エネ機種にすると、大きく分けて2つのメリットがあります。

年間の電気代を節約

オフィスや飲食店など広い空間を快適な温度に保つためには、広さに適した出力が必要となり、どうしても電気代が高くなります。

しかし省エネ性能のものを使えば電気代の節約につながります。

購入当時と比べ省エネ性能に大きな差がある可能性があり、頻繁に修理をしている状況ならば買い換えた方がよい場合も多いです。

補助金の対象に

省エネ性能の高いエアコンを導入する際に、自治体の補助が得られることがあります。

定期的に行われているものや政府が主体となって実施しているものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

空調だけでなく、換気設備も対象となる補助金もあります。

省エネ性能が高い業務用エアコンとは

ReAirがおすすめする省エネ業務用エアコン3社メーカー比較

ここからは日立・三菱電機・ダイキンの3社が製造している機種をご紹介します。

各メーカーの業務用エアコンには高効率機種と標準機種があり、高効率機種は標準機種に比べて省エネ性能が高いです。
しかし、その分製品金額も高くなります。

▼日立・三菱電機・ダイキン高効率機種

【日立】省エネモデル 「省エネの達人プレミアム」
https://re-air.jp/2651/

【三菱電機】省エネモデル 「スリムZR」
https://re-air.jp/1945/

【ダイキン】省エネモデル「FIVESTAR ZEAS」
https://re-air.jp/645/

 
省エネ機能としては「セルフデマンド機能」が搭載されています。

これは電流を自己検知して、電力設置値を超える範囲の消費電力をカットし、最大電気量の制御をするものです。

スリムZRの大きな特徴は「ムーブアイmirA.I」という機能です。

建物性能を学習し、少し未来の空調負荷を予測して、運転の強さを自動でコントロールします。

常に快適な温度設定となるため、無駄がありません。

また、「人検知センサー」によって省エネ性能が高まっています。

不在時節電機能は、不在が一定時間続いたときに、自動で消費電力を抑えた節電運転に切り替え、人を検知すると自動で通常運転を再開します。
 
この機能により、消費電力量を約20%削減できるとされており、
エアコンをOFFにするのではなく、快適性を保ちながら節電することができます。

業務用エアコン2015年度トップランナー基準値(省エネルギー法 2015年度基準値)/グリーン購入法

引用元:APF2015とは:日立グローバルライフソリューションズ株式会社

 
▼3社機能についての詳しい説明はこちら

メーカー別 天井カセット形4方向エアコンの機能を比較!

さいごに

業務用エアコンについてのお問い合わせはReAirまで

ReAirでは高効率機種を含めた各メーカーの業務用エアコンを取り扱っております。

メーカーや形状、馬力による絞り込み検索も可能です。

https://re-air.jp/search/

エアコンの導入をご検討される際はぜひReAirにご相談ください。

お見積もり・ご相談はこちら