BLOG

2022.02.18業務用エアコン導入ノウハウ

業務用エアコン取付工事に関する資格をご紹介

業務用エアコン取付工事に関する資格をご紹介

さまざまな設備や機器の取付工事を行う際、資格がなければ施工できないケースが多々あります。

当記事では業務用エアコンの取付工事に関する資格について解説していきます。

業務用エアコンの取付工事に関連する資格

業務用エアコンの取付工事に関連する資格

業務用エアコンの取付工事に資格が必要か不要かについてですが、結論からいうと作業工程によって資格が必要な工程もあれば、資格は特に必要ない工程もあります。

短期間で取れる資格もあり、難易度はさまざまです。エアコン設置と関連が深いものを紹介します。

2種電気工事士

2種電気工事士の資格は、一般家庭の電源に関する配線作業やコンセントの設置、アース施工などが可能になります。

参考サイト:第二種電気工事士試験 | ECEE 一般財団法人電気技術者試験センター

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士は、「2級電気工事施工管理技士」と「1級電気工事施工管理技士」の資格があり、2級と1級では業務範囲が異なります。

2級電気工事施工管理技士とは

2級電気工事施工管理技士とは、施工管理技士国家資格の1つで、資格を取得することで一般建設業の工事現場の主任技術者として施工管理業務を担当することできます。

担当できる具体的な作業としては、電気工事の監督業、工事の工程・安全・品質などの管理や施工計画の作成などです。

この資格を保有すると、取付工事の発注者から直接工事依頼を請け負う金額が、電気工事1件につき3,000万円以内の金額で下請契約を結べるようになります。

1級電気工事施工管理技士とは

1級電気工事施工管理技士とは、2級電気工事施工管理技士の業務範囲と変わりませんが、受注できる金額が4,000万円以上になります。

大型の商業施設やビルなどの大規模工事を請け負うためには必要な資格です。

参考サイト:電気工事施工管理技士とは!?仕事内容や資格概要・取得の流れからメリットなどを徹底解説!

ガス溶接

ガス溶接作業者とは、可燃性ガス及び酸素を混合して使用するガス溶接、切断等のガス溶接の作業を行う上で必要な資格である。

可燃性ガス及び酸素を使用した金属の溶接、溶断、加熱の作業を行うことができる。

これを修了し、実務経験を積むとガス溶接作業主任者免許試験の受験資格が得られる。

なお、酸素を用いない小型・携帯用のいわゆるガストーチによるろう付けはここでいうガス溶接に含まない。

出典:ガス溶接作業者 – Wikipedia

業務用エアコンを取り付ける際は、エアコンから室外機までを配管でつなぎます。

しかし、室内機を設置する場所から室外機までの距離が長くなり、配管の距離を伸ばさなくてはいけない場合、配管と配管を溶接でつなぎ延長する必要があります。また状況によっては配管を設置箇所に合わせた形状に曲げなくてはいけない場合もあります。

その際にガス溶接の資格を保有していれば、それらの対応が可能になります。

高所作業車

倉庫や工場のような天井が高い場所へ業務用エアコンを設置する際は、高所作業車の運転が必要になります。

高所作業車を運転する際に資格が必要となり、作業床の高さによって必要な資格が異なります。

10m未満の高所作業車の場合は「特別講習の修了」が必要になり、10m以上の高所作業車を運転する場合は「技能講習の修了」が必要になります。

「特別講習」は誰でも受講することが可能で、9時間の受講時間を2日間に分けて行われます。

「技能講習」は受講時間が17時間、14時間、12時間の3種の講習があり、それぞれ条件によって講義時間が異なります。

高所作業車の技能講習 受講時間について

  • 17時間の受講資格:誰でも受講することが可能
  • 14時間の受講資格:大型・中型または普通自動車免許のいずれかを保有しており、車両系建設機械(解体、整地、基礎工事用など)、不整地運搬車、フォークリフト、ショベルローダのいずれかの運転技能講習を修了していること
  • 12時間の受講資格:移動式クレーン運転士免許を保有しており、小型移動式クレーンの運転技能講習を修了していること

参考サイト:知っていますか?高所作業車の資格|キャタピラー教習所

フロンガス取り扱い

業務用エアコンでは、温度を下げるのに必要な冷媒としてフロンガスが使われていることがあります。

フロンガスは温室効果がとても高いもので、業務用エアコンの撤去や入れ換えをする際には空気中に漏れないようにあらかじめ吸引し処理しなければなりません。

この吸引作業には冷媒フロン類取扱知見者の対応が必要になります。

冷媒フロン類取扱知見者とは、冷媒フロン類取扱技術者の講習を修了した方を指し、「第1種冷媒フロン類取扱技術者[(一社)日本冷凍空調設備工業連合会]」と「第2種冷媒フロン類取扱技術者[(一財)日本冷媒・環境保全機構]」の2種があります。

それぞれの資格の違いについては以下ページにて記載されています。

参考サイト:冷媒フロン類取扱技術者

まとめ

業務用エアコンの取付工事には、さまざまな資格があります、資格を取得することによって取付工事の業務範囲が広がります。

業務用エアコンの取り付けに関わる仕事をご検討の方はぜひご参考ください。

お見積もり・ご相談はこちら

【2022年助成金】中小企業等による感染症対策助成事業とは

換気の種類と効率的な方法を解説!体に与える影響とは?

故障は突然に!業務用エアコンの効きが悪い時は室外機を確認しよう

お見積もり・ご相談はこちら