BLOG

2021.05.03業務用エアコン導入ノウハウ

保育園や幼稚園の換気は大丈夫?高機能換気設備の導入をおすすめする理由とは

保育園や幼稚園の換気は大丈夫?高機能換気設備の導入をおすすめする理由とは

新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるなか、人が集まる施設においては換気の徹底が求められるようになっています。

この記事では保育園や幼稚園といった場所で効率的に換気を行える「高機能換気設備」について、幼稚園や保育園ならではのニーズに合わせた有用性を解説しています。

多数の園児を抱える施設だからこそ換気に注目したい

多数の園児を抱える施設だからこそ換気に注目したい

幼稚園も保育園もたくさんの小さな子どもたちが通います。小さな子どもたちは、まだまだウイルスや菌に対する免疫力も弱く、ちょっとしたことで体調が悪くなるもの。そのためオフィスや飲食店などよりも一層注意が必要です。

新型コロナウイルス対策としてだけでなく、風邪やインフルエンザ対策としても換気は有効なものです。たくさんの子どもが集まり、密集や密接になりやすい場所においては何よりも換気を徹底することが重要です。

小さな子どもにマスクをさせることは、唇の色や表情が分からず体調不良に気づきにくい、呼吸がしにくくなる、熱がこもって熱中症になりやすいといったリスクがあります。

そのため、すべての園児にマスクを着用させることは困難です。このような点からも換気の重要性が明確になってきます。

体温調節が苦手な園児も多いからこそ高機能換気設備がおすすめ

体温調節が苦手な園児も多いからこそ高機能換気設備がおすすめ

小さな子どもは、体温調節をする力が発達途中であるため大人に比べて体温調節が苦手です。そのため大人より寒さにも暑さにも弱いという特徴があります。

室内は空調が効いていて子どもたちにとって快適な温度に保たれていても、換気を行うことで激しい温度変化が起きれば、体調をくずしやすくなります。

そのため、幼稚園や保育園での換気は、空気を入れ換えるだけでなく室温をなるべく変動させないこともポイントにです。
今回ご紹介する「高機能換気設備」とは、1台の機械で外の新鮮な空気を取り込む給気と、室内の汚れた空気を外に逃がす排気、どちらも同時に行うことができるものです。

機械で換気を行うのでドアや窓を開ける必要がなく、むしろ自然な空気の流れに任せるよりも機械の力で効率的に空気の入れ替えができるというのが特徴です。

空気の入れ替えを1台で行う換気設備自体は珍しいものではありません。ここで注目していただきたいのは「高機能」という点です。高機能換気設備は、1台で換気が行える点に加えて「室温の急激な変動を抑えられる」ことが最大のメリットとなっています。

室温を急激に変動させずに換気ができるので、体温調節が苦手な小さな子どもたちが過ごす幼稚園や保育園にとってはうってつけのものと言えます。

通常の換気の場合、夏なら室内の冷えた空気を外に逃がし、外の熱い空気を取り込むことになるので換気中はクーラーをつけていても室温が下がりづらくなります。しかし、高機能換気設備は、熱交換システムというものが搭載されているため換気中の室温変動を抑えられる仕組みになっています。

熱交換システムによって、冷たい空気を排気する際にその冷たさをこれから取り入れる外気に移します。このことにより、室内の負荷を増やさず換気ができるようになります。もちろんこれは冬の場合でも同様で、室内の暖まった空気の熱を取り入れる空気に移す仕組みです。

空調効率が良くなるので、結果として通常の換気設備を使用するよりも光熱費の節約にもつながるという大きなメリットがあります。空調は、適温をキープするときよりも設定温度へ向かうときにたくさんの電力を消費しフル稼働します。高機能換気設備による換気ならば、室内の温度変化が少なくなるので節電になるというわけです。

園児を守る一つの方法としても活躍!保護者からの見られ方も変わる

園児を守る一つの方法としても活躍!保護者からの見られ方も変わる

子どもの健康のために換気に取り組むことは、保護者の方へのアピールにもなります。部屋の空気が汚れてしまうことには、何の利点もありません。

高機能換気設備は、空調と同じように天井から吊り下げたり、埋め込んだりして設置するものです。天井吊形や天井カセット形等目に見えるところで換気を行っているということは大きな安心につながります。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、高機能換気設備を導入することで、少しでも懸念材料の払拭につなげられるのなら、導入を検討する価値は十分にあると言えます。

まとめ

たくさんの小さな子どもが集まる保育園や幼稚園にとって、園児の健康のために換気はとても重要な行動です。

高機能換気設備を導入することは、しっかりと空気を入れ換えるという意味合いだけでなく、室温の変動を抑え、子どもの体調維持にも貢献することが期待できます。

現在は、さまざまな補助金で導入費用が補助され、補助金によっては空調の導入についてもカバーできるような補助金も用意されています。ぜひこの機会に高機能換気設備の導入を検討してみてください。

お見積もり・ご相談はこちら