BLOG

2021.04.18業務用エアコン導入ノウハウ

業務用エアコンでよく見る”馬力”とは?馬力について徹底解説!

業務用エアコンでよく見る”馬力”とは?馬力について徹底解説!

店舗やオフィス、家庭で大活躍するエアコン。家庭で使うエアコンと、飲食店などで使われる業務用エアコンは、部屋を暖めたり冷やしたりするという役割は共通していますが、異なる点も多くあります。

この記事では業務用エアコンの導入を検討している方に向けて、「どのくらいのパワーのエアコンにすればいいのか」のヒントとして「馬力」について解説しています。

業務用エアコンの選び方は、家庭用エアコンとは異なるので、ぜひ参考にしてください。

エアコンの出力を表す”馬力”とは?

エアコンの出力を表す”馬力”とは?

業務用エアコンの出力の単位は主に「馬力」で表されます。自動車などでも使われる「馬力」ですが、どういったものなのか少しイメージがしづらいのではないでしょうか。

1馬力のパワーは、分かりやすくたとえると75kgの男性を1m、1秒間で繰り返し持ち上げられる力のことを言います。

家庭用のエアコンの出力の単位はkw(キロワット)ですが、広い部屋で使う家庭用エアコンでも馬力に換算すると最大で3馬力ほどになっています。

一方で業務用エアコンは1.5馬力から10馬力のものまでありますので、家庭用エアコンと比べるとパワーに大きな差があります。

業務用エアコンと家庭用エアコンの決定的な違いは、出力の違いにより生まれる冷暖房能力の差です。

家庭でエアコンを使用する際は、窓を閉め切っていないとエアコンが効きませんよね。しかし、真夏に人の出入りが多いコンビニに行くと生き返るような涼しさを感じます。

コンビニのような入口の自動ドアがひんぱんに開閉する場所でもしっかりとエアコンが効くのは、業務用エアコンが広い場所や人の出入りが激しい場所での使用が想定されているからです。

一般的な家庭用エアコンはどの程度の馬力があるのか

一般的な家庭用エアコンはどの程度の馬力があるのか

業務用エアコンの出力が「馬力」で表されるのに対し、家庭用エアコンの出力は「kw」で表されます。馬力をkwに換算すると、1馬力は約2.8kwに相当します。

家庭用エアコンを購入する際に、目安となるのが「〇畳用」という表記です。6畳用と10畳用のエアコンでは、同じ機種であっても10畳用の方が出力が大きくなります。

とある有名メーカーの家庭用エアコンを例にすると、6畳用のものだと出力は2.8kw、12畳用のものでは3.7kwとなっています。

対象とする畳数が2倍になってもkw数が2倍になるわけではないので少し比較がしづらいですが、1馬力が2.8kw相当であることからすると、広い部屋用の家庭用エアコンでも2馬力にも達しないことが分かります。

家庭用エアコンや業務用エアコンは適材適所で利用しよう

家庭用エアコンや業務用エアコンは適材適所で利用しよう

家庭用エアコンと業務用エアコンの一番の違いは出力です。しかし、あまり広くない部屋だからといって安易に家庭用エアコンを選ぶと、残念な結果になることも。

家庭用エアコンと業務用エアコンの出力以外の違いについて、確認しておきましょう。

設置方法の違い

家庭用エアコンの場合、電気量販店などエアコンを購入したお店で設置工事も依頼するのが一般的です。工事自体は1時間ほどで完了することが多いです。

エアコンを購入すれば工事費無料というサービスをしているお店も多いですが、別途で工事費がかかるという場合もあります。

業務用エアコンには天井埋め込みタイプや天吊りタイプといった、家庭用エアコンにはない設置の仕方をするものがあります。

家庭用エアコンよりも設置工事が複雑になるので、工事費だけでなく設置が完了するまでに多くの時間がかかります。業者へ依頼した場合の工事費用は数万円代程度の業者が多く、その分設置にかかる時間は早くて数時間といったところです。

省エネ性能の違い

業務用エアコンは家庭用エアコンよりも出力が大きいです。そのため業務用エアコンは電気代が高いというイメージがありますが、実は業務用エアコンは家庭用エアコンよりも省エネ性能に優れています。

エアコンが求める出力に対して必要な電力が抑えられるので、光熱費を削減したいのなら無理して家庭用エアコンをフル稼働させるよりは、業務用エアコンを選んだ方がお得になることが多いです。

電気代の違い

業務用エアコンは家庭用エアコンと電源が違い、電気料金の契約内容も違います。業務用エアコンの場合は、基本料金が高めである代わりに1kWhあたりの電力単価が安めに設定される契約をします。

つまり、電気を多く使う場合には家庭用エアコンを設置するよりも結果として電気代が抑えられることがあります。飲食店や小売店、オフィスなどにおいては空調の電力消費が全体の50%ほどになります。

エアコンの省エネ性能や電気料金システムによって光熱費が大きく左右されることは頭に入れておいた方がよいでしょう。

見た目と形状の違い

業務用エアコンの場合は天井埋め込みタイプや天吊りタイプであることに加え、大型であるため家庭用エアコンと業務用エアコンを見分けるのは簡単です。

見た目が違うので、周りからの見え方や印象も大きく変わります。たとえばオシャレなBARやアパレルショップなどに壁掛けタイプの家庭用エアコンが設置してあると、少し野暮ったく感じる人がいるかもしれません。

また、家庭にあるエアコンをイメージすると分かりやすいのですが、壁掛けタイプのエアコンはエアコンの上部やカバーのホコリが目立つという特徴があります。

きちんとこまめに手入れをしないと、清掃が行き届いていないと思われてしまいますので注意が必要です。

一方で業務用エアコンは家庭用エアコンよりもフィルターが汚れにくくなる工夫がされているのでイメージ以上に手入れはしやすいです。

フィルターは家庭用のエアコンと同じように取り外しできますので、汚れが気になったタイミングで自分で手入れできますよ。

耐久性の違い

業務用エアコンは家庭用エアコンと違い、大勢の人が出入りする場所や長時間稼働させ続ける場所に設置することを想定されているため、耐久性に優れています。

業務用エアコンの場合は、タイプにもよりますが10年から15年ほどの寿命があります。

まとめ

自宅でエアコンを使うのなら家庭用エアコンで十分です。しかしそれ以外の場所で快適に過ごしたいのなら、業務用エアコンも選択肢に入れることをおすすめします。

たとえあまり広さのない場所であっても、業種によっては家庭用エアコンではパワー不足になる可能性があるからです。

飲食店など火を扱う店舗では同じ広さでも2倍以上の馬力のある業務用エアコンが推奨されるのが一般的であるほどです。

エアコンを選ぶ際は部屋の広さだけでなく、業種や業務形態も考慮した上で選択するようにしてください。

エアコンの効きはもちろんのこと、電気代も含めて検討することで最善の選択ができるはずです。

お見積もり・ご相談はこちら

業務用エアコンの24時間稼働は電気代が高い?

高機能換気設備は脱臭効果もある?さまざまな環境で利用できる高機能換気を解説

人が密集、密接する会議室だからこそ高機能換気設備の導入がおすすめ

何年くらい使えるの?業務用エアコンの寿命と買い替え時を解説

お見積もり・ご相談はこちら