BLOG

2021.04.16業務用エアコン運用ノウハウ

コストを抑えるために業務用エアコンは自分で清掃した方がいい?それともプロに依頼した方がいい?

コストを抑えるために業務用エアコンは自分で清掃した方がいい?それともプロに依頼した方がいい?

家庭用エアコンよりも大型の業務用エアコンは、メンテナンスが大変というイメージがあります。この記事では、自分でできる業務用エアコンの清掃方法や、清掃するメリットと注意点について解説しています。

定期的にエアコンの掃除を行うことは、エアコンの効きや電気代にも影響があります。ぜひ参考にしてください。

業務用エアコンは手軽に清掃できるものなのか?

業務用エアコンは手軽に清掃できるものなのか?

業務用か家庭用に限らず、エアコンはすみずみまで自分で手軽に清掃できるものではありません。知識のないまま下手に掃除したことで、エアコンの機能に支障が出たり、壊れてしまったりすることもあります。

エアコンの清掃をすることは良いことですが、どこまで掃除をしていいのか知ることも重要です。

自分で清掃しやすい箇所は?

自分で清掃しやすい箇所は?

エアコンに関する知識がなくても清掃ができる箇所はあります。それは主にエアコンの外側です。自分で清掃できる箇所はいくつかあるので1つずつ紹介していきます。

フィルター

業務用エアコンでも家庭用のエアコンと同様に外側のカバーを外せばフィルターがあります。フィルターは簡単に取り外せます。取り外したら掃除機でホコリを吸い取ってください。

大量のホコリがある場合は、歯ブラシなどで軽くこすりながら水洗いするとよいですよ。また飲食店に設置していてフィルターが油汚れのようになっている際は中性洗剤を使って水洗いしてください。

洗ったフィルターは水気を払って陰干しし、完全に乾いてから元に戻してください。このときの注意点は直射日光に当てて乾かさないこと。特に真夏の強い日差しは、その熱でフィルターが変形してしまう恐れがあるからです。

フィルターの外し方はエアコンのタイプによって異なるので、取扱説明書で確認してください。

ルーバー

ルーバーとは、エアコンの風向を決める羽のような部分のこと。これも外側にあります。フィルター同様にホコリがたまっていることがありますので、綺麗にしておきましょう。ルーバーは取り外そうとせず、かたく絞ったぞうきんやふきんなどでやさしくホコリを拭きとってください。

拭いたあとは乾拭きしておくとよいでしょう。ルーバーは小さな部品があり、壊れやすいので慎重に行ってくださいね。

自分で清掃する際は、この辺にして、あとは見えるホコリを掃除機で吸いだすくらいにしておくとよいでしょう。

自分で清掃する際の注意点

清掃中は、必ず電源を抜いてください。これはスイッチをOFFにするという意味ではなく、電源プラグを抜くということです。感電や漏電を避けるために必ず電源は抜いてください。

しかし、家庭用エアコンと違い業務用エアコンは、エアコン本体のすぐ近くに電源があるわけではありません。どこに電源があるか分からない場合は、ブレーカーを落とした上で作業してください。

身の安全を守るために感電・漏電対策を行うことに加えて注意したいのは内部まで無理に掃除しようとしないこと、知識なく力まかせに掃除をすると、小さな部品が破損して故障の原因になるからです。

ちなみに、掃除の頻度は月に一度行えればベストです。

業務用エアコンは専門知識がないとちゃんと清掃できない

業務用エアコンは専門知識がないとちゃんと清掃できない

業務用エアコンの清掃は、自分ではフィルターとルーバーだけの掃除にとどめておきましょう。エアコン内部の金属部分の掃除は専門知識がないと難しいです。

フィルターを掃除してもイヤな臭いがする、エアコンの効きが悪いということがあれば専門業者にクリーニングを依頼してください。

お見積もり・ご相談はこちら

手探りの清掃は逆効果になってしまうことも

業務用エアコンの清掃は熟練の技術と専門的な知識が必要になります。くれぐれも自己流の清掃は行わないようにしましょう。エアコンの効きをよくするための行動で、エアコンが壊れてしまっては元も子もありません。

経験や知識がなければ業者に依頼するのがベター

エアコンクリーニングの専門業者では、90分から2時間ほどかけてしっかりとエアコンクリーニングをしてくれます。外から見えるところだけでなくエアコン本体を分解して徹底的に綺麗に清掃してくれます。費用はエアコンのタイプにもよりますが、1台あたり15,000円~25,000円といったところです。

徹底的にクリーニングしてくれるので、業者によるクリーニングは2年に1度行えれば十分でしょう。

エアコンを掃除するメリット、しないデメリット

エアコンを掃除するメリット、しないデメリット

エアコンを掃除することにはたくさんのメリットがあります。掃除をすることによって得られるメリット、しないことによりデメリットを確認していきましょう。

メリット

イヤなにおいの改善

エアコンから出てくるイヤなにおいの原因は主にエアコン内部のカビです。イヤなにおいを放置しておくとカビをまき散らしてしまうことになり、健康にも悪影響を及ぼす恐れがありますし、ハウスダストなどのアレルギー症状を起こす原因にもなります。

まとめ

エアコンの清掃を行うことは、エアコンの効きをよくして電気代を抑えるだけでなく、空気が綺麗になるというメリットもあります。そのため定期的にエアコンの掃除をすることはとても重要だと言えます。

エアコンを汚れたままにして、エアコンから出る空気から嫌なにおいがするようになれば、オフィスや飲食店などの業種を問わずに従業員やお客様に悪影響があります。

自分でできる範囲は自分たちで行い、専門的な技術や知識を必要とする箇所は、故障を防ぐために専門業者に依頼するのが一番です。

お見積もり・ご相談はこちら

業務用エアコンを自分で掃除する方法と簡単に掃除ができる箇所を紹介!

高機能換気設備は脱臭効果もある?さまざまな環境で利用できる高機能換気を解説

業務用エアコンの24時間稼働は電気代が高い?

風量、温度をうまくコントロールして業務用エアコンの消費電力を抑える方法

お見積もり・ご相談はこちら