INFORMATION

2021.07.16業務用エアコン運用ノウハウ

換気に種類がある?換気について徹底解説!

換気に種類がある?換気について徹底解説!

室内の空気を入れ換える換気には実は種類があり、目的によって使い分けられていることをご存じでしょうか。この記事では3つの換気の種類と特徴、換気の重要性について解説しています。

目的や建物によって換気の種類がある

目的や建物によって換気の種類がある

換気は空気を入れ換えるという意味ですが、実際には外気を取り入れる給気と、室内の空気を外に逃がす排気の2つを合わせて換気と呼びます。ちなみに換気扇は、室内の空気を外に逃がすものなので、役割としては「排気」を担当するものです。

換気には給気と排気の仕方により、3つの種類に分類されます。

第一種換気

給気と排気のどちらも機械を使って行うものです。オフィスビルで採用されていることが多い換気方法です。

第二種換気

給気を機械で行い、排気を自然換気で行うもののことです。自然換気とは機械を使わずに窓や排気口から自然に空気を外に出すものをいいます。クリニックで採用されていることが多い換気方法です。

第三種換気

給気を自然換気、排気を機械で行うものをいいます。換気の方法としては最も一般的なものになり、住宅や飲食店で採用されている換気方法です。

それぞれの換気方式の特徴

それぞれの換気方式の特徴

換気の仕方には3つの種類があります。それぞれの特徴を詳しくみていきます。

第一種換気の特徴

給気も排気も機械で行う第一種換気の最大の特徴は、安定して換気が行えるところです。機種ごとに1時間あたりに換気できる風量が決まっているので、建物や部屋の広さに合わせて適した機種を選ぶことで必要に応じた換気が可能です。

さらに、第一種換気の場合は換気設備に熱交換システムを搭載することができるという他にはない特徴を持っています。

通常の換気だと夏の場合は外の生ぬるい空気が室内に入ってくる、冬の場合は冷たい空気が室内に入ってきます。夏ならエアコンで冷えた空気を、冬なら暖まった空気を外に逃がすことになってしまいます。これが通常の換気におけるデメリットと言えます。

しかし「熱交換システム」が搭載されている換気設備なら、このデメリットを解消できます。このような換気設備のことを高機能換気設備といいます。

熱交換システムが搭載された高機能換気設備なら、夏は室内の冷えた空気を利用して入ってくる外気を冷やし、冬であれば暖まった室内の空気を利用して、冷たい外気を暖めてから室内に入れる仕組みになっています。給気と排気の熱を交換するので「熱交換システム」と呼ばれています。

つまり、換気をしても室温が変動しにくい仕組みだということです。

熱交換は、室内の冷たい(暖まった)空気を排気する際に給気する空気に移して行われます。熱交換システムでは空気を混ぜ合わせて熱交換を行うのではなく給気と排気の通り道が分かれており熱だけを交換する仕組みになっています。そのため室内の空気が汚れてしまう心配はありません。

安定して効率よく換気する上では第一種換気が理想的です。しかし、給気と排気を機械で行うという性質状、導入費用は他の換気方法より高くなります。

第二種換気の特徴

給気を機械で、排気を自然に行う第二種換気は、外から汚れた空気が浸入するのを防ぎます。外の空気は常に清潔で新鮮であるとは限りません。入ってくる空気に最大限の配慮をしたいといった場合に第二種換気は適しています。ただ、排気に関しては機械を使わず自然にまかせるものになるので、排気が滞ってしまった場合は給気の効率も落ちることがあります。

第三種換気の特徴

給気を自然換気、排気を機械換気で行う第三種換気は、排気を重視した換気方法です。たとえばニオイや空気の汚れが気になる場所、水蒸気や湯気が発生しやすい場所で効果を発揮します。ただし、給気に関しては自然に任せることになるので閉め切った場所では給気が滞り、排気の効率が落ちることがあります。

空間に対しての必要量の換気が重要

空間に対しての必要量の換気が重要

換気を行う際には、しっかりと空気の入れ換えができているかが重要になります。たとえば広い飲食店で、小さな換気扇1つでは十分に換気できるとは言えませんよね。

いやなニオイや汚れた空気を逃がすのにも、綺麗な空気を取り入れるのにも、必要量があります。ただ換気をするのではなく、空間の広さに適した換気がしっかりと出来ていなければ効果は薄いわけです。

必要量以下の換気は空気感染のリスクが高まる

換気をする上で今もっとも気になるのは、新型コロナウイルスでしょう。新型コロナウイルスは空気感染をするものではないとされていますが、換気の不十分な空間だとウイルス濃度が高まり感染のリスクが生じる可能性が指摘されています。
なによりもウイルスは目に見えないものですので、しっかりと機械で換気を行うことは安心感があります。特に人の出入りが多い場所においては、効率よく換気が行える第一種換気が望ましいでしょう。

まとめ

換気には種類があり、何を重視するかによって使い分けがされています。室内の空気をきれいにするために空気清浄機を用いるという方法もありますが、機械の性能には幅があるので頼りすぎることなくしっかりと換気を行うことも意識してみてください。

機器導入に関する補助金・助成金のご案内

換気でお悩みの方へ~高機能換気設備のご案内~ 

業務用エアコンと高機能換気設備は別物?2つの違いを徹底解説!

映画館などはしっかり換気されている?高機能換気設備で3密を回避!

お見積もり・ご相談はこちら