BLOG

2021.12.10業務用エアコン導入ノウハウ

介護施設(老人ホーム)に適した空調と設置前に注意したいことを解説

介護施設(老人ホーム)に適した空調と設置前に注意したいことを解説

介護施設(老人ホーム)に空調を導入する際には、通常の住宅よりも注意すべき点が多くなります。

介護施設の特徴に合わせた空調設置についての注意点を解説していきます。

介護施設(老人ホーム)とはどのような施設か

介護施設(老人ホーム)とはどのような施設か

介護施設では介護が必要な居住者が生活しています。

居住者向けの個室である専有部と、日中を過ごす広間や食堂といった共有スペースがあります。

場所に応じた空調設備の設置や、空調設備の突発的な故障に対してのリスク分散など、さまざまな計画が必要です。

専有部の空調方法

居住者の個室では、部屋ごとに温度や風量の設定ができるものが望ましいです。

部屋ごとの個別運転の可否が重要なのは、住居者ごとに快適に過ごせる温度が異なるからです。

個別に家庭用エアコンを取り付ける、もしくはマルチエアコンと呼ばれる1つの室外機に対して複数の室内機を設置できるもののなかで、個別運転も可能なものを選ぶとよいでしょう。
 

共用部の空調方法

共有スペースでは、出力の大きなエアコンの設置が必要です。

家庭用エアコンで出力が足りないようであれば、業務用のエアコンの設置がおすすめです。

 
また、介護施設では、ヒートショックへの配慮も必要になります。

ヒートショックとは、急激な温度差が体に衝撃を与える現象のことです。

冬場に暖かい部屋から寒い脱衣所や浴室に行くと、血管がギュッと収縮して血圧が上昇し、収縮した血管は温かいお風呂につかると拡張し、血圧が一気に下がります。

そして入浴後に再び寒い脱衣所に戻ると、また血管が収縮し血圧が上昇します。

寒い場所と暖かい場所を行き来し、血圧が激しく上下することは心臓に負担がかかります。

高齢者はその負担を受けやすいので、注意が必要です。

ヒートショックを防ぐためには、年中どのフロアもなるべく均一に室温を保つことが必須となり、介護施設ではこれを想定して空調設備を導入することが必要があります。

 広間・食堂

広間や食堂といった広い共有スペースでは、出力の大きな空調を入れても窓側や壁側は温度にムラができやすいです。

部屋全体がなるべく均一な温度に保てるように、風を吹き出す天井カセット形4方向がおすすめです。

冷風や温風が部屋にいる人に直接当たらないように個別に吹出口の風向を変えることもできます。

 脱衣所、浴室

介護施設では、ヒートショックへの配慮のため、脱衣所や浴室にも空調機を導入するケースがあります。

脱衣室はその時の部屋の温度により、冷房と暖房を使い分け、なるべく均一に室温を保ちヒートショックを防ぐため、脱衣所は単独系統がおすすめです。

また、湿度がどうしても高くなるため、直接湿度の高い空気を吸い込まないように、天井埋込形の導入もおすすめです。

 その他共有部

共有部の小部屋に関しては家庭用エアコンや、天井カセット形など、部屋の間取りに合わせた選定方法になります。

廊下に関しても、ヒートショックへの配慮のため、空調機が必要となります。

なるべく遠くに風を送ることで効率よくするため、天井カセット形2方向がおすすめです。

室外機の設置について

室内機のペアとして、室外機はどうしても必要不可欠なものです。

共用部の小部屋や専有部の個室は、ベランダやバルコニーがあればそこに置くことができますが、共有部をビル用マルチエアコンで設置する場合は広いスペースが必要です。

多くは屋上に設置されますが、ここで問題になるのが運転音です。

障害物がない場合、音が広範囲に届く可能性があります。

また、介護施設ですと、均一な温度に保つため24時間運転させていることもあり、夜中でも運転音が発生します。

防音壁を立てることで消音することも可能ですが、費用が多くかかります。

そこで近年の空調機では、運転音を低減する機能があるため、まずはこの機能を使用することをおすすめします。

単に室外機を置くスペースがあればよいというわけではないため、注意が必要です。

おすすめ機能

おすすめ機能

無くても困らないですが、あったら便利な機能を紹介していきます。

冬場の乾燥対策も重要

部屋が乾燥すると、人の肌や粘膜のバリア機能が低下するため、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。

さらに低温で乾燥した環境はウイルスや菌が好む環境で、動きが活発になります。

加湿を行うと人のバリア機能が正常に保たれるだけでなく、空気中を浮遊するウイルスや菌も水分に包まれます。

その結果、重みが増すため、空気中を長時間漂うことができなくなります。

また、加湿を行うと体感温度が上がるため、冬場を快適に過ごすための助けにもなります。

▼加湿についての詳しい説明はこちら

加湿の種類と加湿付き業務用エアコンを用途別にご紹介!

空調管理システム

施設内のエリアにおいては、空調を一括管理できるシステムの導入がおすすめです。

運転状況の確認や、故障の有無などが一目で分かり、また誤操作を防ぐために温度管理や冷暖房の設定管理も行うことが可能です。

まとめ

介護施設においては室温を適切に保つことがとても重要になり、部屋の広さや住居者に合わせたエアコン選びが必要となってきます。

ReAirでは現地調査・お見積もりを無料で行っておりますので、導入前のご相談などお気軽にお問い合わせください。

お見積もり・ご相談はこちら