BLOG

2021.10.15業務用エアコン導入ノウハウ

業務用エアコンタイプ別の取り付け工事の流れ

業務用エアコンタイプ別の取り付け工事の流れ

店舗やオフィスで快適に過ごすためには空調設備を整える必要があります。

業務用エアコンは家庭用エアコンと比べて取り付け方法が複雑です。

この記事では、業務用エアコンをタイプ別に分けそれぞれの工事の流れについてご紹介していきます。

タイプ別業務用エアコンの取り付け工事

タイプ別業務用エアコンの取付工事

家庭用エアコンは壁掛形がほとんどですが、業務用エアコンにはさまざまなタイプがあります。
取り付け工事の際に知っておきたいポイントをタイプごとにご紹介していきます。

天井カセット形エアコンの場合

天井カセット形は、室内機を天井内に埋め込むタイプのエアコンで、広い部屋を効率的に空調できるのが特徴です。

天井カセット形を導入するためには、天井に穴を開ける必要があります。

本体の大きさに合わせて穴を開けるなど比較的大掛かりな工事が必要ですので、設置するまでに時間がかかることも多く、工事費用も高くなりやすいといった注意点があります。

ビルトイン形エアコンの場合

ビルトイン形は、本体から離れた場所に吹出口を設置できるタイプのエアコンです。

本体は天井内に埋め込みますが、吹出口は他の場所に分散させて設置することができます。例えば本体を天井の中央に埋め込み、吹出口は部屋の隅に設置するといったことも可能です。

ビルトイン形は、本体を天井内に埋め込むだけではなく、本体とは別の場所に吹出口を設置し、さらに本体と吹出口を繋ぐ工事も必要になるため、材料費や工事費用が高くなりがちです。

壁掛形エアコンの場合

壁掛形は、いわゆる家庭用エアコンと同じような見た目をしていますが、馬力が大きく異なります。

工事では壁にエアコンを掛けるための器具をアンカーボルトやビスで固定し、配管を通して室内機を設置します。

工事方法はシンプルですが、外と接する壁面に取り付けるのが一般的ですので、ある程度取り付け場所が限られます。

床置形エアコンの場合

床置形は床に設置するため他のタイプとは異なり、床に近いところから冷風や温風が吹き出します。

暖かい空気は上にたまる性質があるので、暖房時には効率よく部屋を暖められるという特徴がありますが、スペースが取られてしまう点や、エアコンの前に物が置けないといった注意点もあります。

業務用エアコンの取り付け工事前に確認しておくこと

業務用エアコンの取付工事前に確認しておくこと

業務用エアコンの取り付け工事は、家庭用エアコンと比べて大掛かりになりやすいです。

工事前にしっかりと確認しておきたい点をご紹介します。

室内機と室外機の設置箇所

家庭用エアコンの場合は、ある程度設置場所が固定されてしまいますが、業務用エアコンは「どこに設置するか」といった話から始まります。

出力が大きな業務用エアコンとはいえ、店舗やオフィスといった広い空間を効率よく冷やしたり暖めたりするためには、設置場所が重要なため、

風が届きづらい場所はないか、風を送る向きにムラが生じないかなど、あらかじめ確認しておく必要があります。

また室外機の位置も、外であればどこでも良いというわけではありません。

本体の前後にスペースがなければうまく風を循環させることができなくなるため、十分な空間を確保しなければなりません。

そのため業務用エアコンの設置にあたっては、家庭用エアコンのように即日で行われることはなく、事前に現場調査をした上で設置場所や工事日を設定していきます。

現場調査で業者としっかりとコミュニケーションをとり、不明点がないようにしておきましょう。

取り付け工事にかかる期間

工事日の確認は非常に重要です。工事中はエアコン付近はもちろんのこと、規模によってはフロア全体の立ち入りができないこともあります。

取り付け工事の期間は施工内容によって異なりますが、1台あたりの入れ替え工事で半日から1日ほどです。

家庭用エアコンよりも長い工事時間になるため、注意が必要です。

取り付け工事後のアフターフォローの有無

業務用エアコンは設置してからも長く使用するものですので、保証期間や保障内容も工事前に確認しておくことをおすすめします。

業務用エアコンは設置後も本体内部の清掃や動作確認などのメンテナンスを定期的に行うことが望ましいです。

設置だけでなく将来的なメンテナンスも含めたアフターフォローの有無を確認するとよいでしょう。

業務用エアコンの取り付け手順

業務用エアコンの取付手順

業務用エアコンはタイプによって工事方法は異なりますが、基本的な作業手順は同じです。

どのような手順で取り付けしていくのか、簡単にご紹介していきます。

新規で業務用エアコンを取り付ける場合

・搬入経路の確認と作業スペースの確保
・周りを汚したり傷つけたりしないように養生
・室内機と室外機の本体を設置
・室内機と室外機の配管や配線をつなげる
・化粧パネルや壁付けリモコンを取り付ける
・エアコンの内部を真空にして、中の水分を取り除く(真空引き)
・真空引きがきちんと行えたかを、気密試験でチェック
・試運転をし、動作確認
・作業現場を清掃して完了

取り付ける前のエアコン内部には、空気中の湿度の関係で少量の水分が付着しています。

エアコン内部や配管内に、水分が残っているとエアコンの効きが悪くなったり、故障の原因になったりします。

したがって、真空引きはエアコン設置の前に不可欠な作業です。

業務用エアコンを取り替える場合

エアコンを既設のものと取り換える場合は以下のような作業手順になります。

・搬入経路の確認と作業スペースの確保
・周りを汚したり傷つけたりしないように養生
・既設のエアコン内の冷媒ガスをフロン回収装置などで回収する
・既存のエアコンの室内機と室外機を取り外す
・新しい室内機と室外機の本体を設置
・室内機と室外機の配管や配線をつなげる
・化粧パネルや壁付けリモコンを取り付ける
・エアコンの内部を真空にして、中の水分を取り除く(真空引き)
・真空引きがきちんと行えたかを、気密試験でチェック
・試運転をし、動作確認
・作業現場を清掃して完了

業務用エアコンの入れ換えにあたっては、既存のエアコンを外す作業や内部のガスを取り除く作業が追加されます。

まとめ

業務用エアコンの取り付け工事は家庭用エアコンと比べて大掛かりになりがちです。

業者にしっかりと現地調査をしてもらい、工事内容や施工時間、費用等もしっかりと確認したうえで工事を依頼することが重要です。

業務用エアコンでお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お見積もり・ご相談はこちら

 

業務用エアコンは自分で取り付けられる?それとも業者に依頼した方がいい?

業務用エアコンは一般家庭で利用可能?一般家庭でも導入する方法を紹介

【2021年度:業務用エアコン導入補助金】店舗当り最大1,000万円!?補助金を活用して業務用エアコンを導入しよう!

長く使いたい!業務用エアコンが故障しにくくするための予防策とは

お見積もり・ご相談はこちら